ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用go to english pageJP/EN

facebook_AORI

地域的な海水準上昇が氷床融解を促進していた可能性を提唱 ―9~5千年前に発生した東南極氷床大規模融解に新メカニズム―

2022年11月29日

国立極地研究所
中央大学
大分大学
東京大学 大気海洋研究所
海洋研究開発機構

国立極地研究所の菅沼悠介准教授、中央大学の金田平太郎教授、大分大学の小山拓志准教授、東京大学大気海洋研究所の阿部彩子教授、海洋研究開発機構の齋藤冬樹研究員らを中心とする研究グループは、東南極沿岸の広域にわたる現地調査と岩石試料の年代測定から、東南極氷床が約9千年前から5千年前にかけて急激に縮小したことを明らかにしました。そして、各種のモデルシミュレーションから、この縮小は温暖な海洋深層水の沿岸への流入に加え、地域的な海水準上昇が生じていたために起こった可能性を示しました。本研究結果は、南極氷床の大規模融解メカニズムの理解に貢献するだけでなく、南極氷床融解と海水準上昇に対する将来予測の検証・校正にも貴重なデータとなります。この成果は2022年11月9日にCommunications Earth & Environment誌にオンライン掲載されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
  国立極地研究所プレスリリースこのリンクは別ウィンドウで開きます(2022年11月29日)

プレスリリース

Noticeアイコン