ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用go to english pageJP/EN

facebook_AORI

東日本大震災の津波が長寿二枚貝ビノスガイの大量死に関与していたことを殻の分析から推定

2021年11月25日

神戸大学
東京大学 大気海洋研究所
名古屋大学

神戸大学大学院人間発達環境学研究科の窪田薫助教と、東京大学大気海洋研究所の白井厚太朗准教授、杉原奈央子JSPS特別研究員、産業技術総合研究所の清家弘治主任研究員、名古屋大学宇宙地球環境研究所の南雅代教授らの研究グループは、岩手県船越湾の海底から採取された長寿二枚貝ビノスガイの死殻の年輪解析と放射性炭素年代測定から、2011年3月11日に発生した津波が、ビノスガイの大量死を招いていたことを明らかにしました。この研究成果は、11月24日(現地時間)に、米科学誌「Radiocarbon」に掲載されました。

詳しくはこちらをご覧ください。
  神戸大学プレスリリースこのリンクは別ウィンドウで開きます(2021年11月25日)

プレスリリース