ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

ClCチャネルによる味覚応答の調節

2021年1月27日

東京大学 大学院理学系研究科
東京大学 大気海洋研究所

動物は嗅覚や味覚を手掛かりとして環境中の餌の種類や場所を割り出し、時に試行錯誤しながらその場所へ移動します。このような探索行動の過程でどんな遺伝子が脳・神経系のはたらきを制御しているか、わからない点が多く残されています。

東京大学大学院理学系研究科の國友博文准教授らと東京大学大気海洋研究所の神田真司准教授の研究グループは、神経の研究にしばしば用いられる線虫を使って、味覚情報に基づく行動の制御にClC型の陰イオンチャネルが関わっていることを見出しました。遺伝子が変異した線虫の行動や神経活動を調べた結果、ClCチャネルは、細胞内の塩化物イオンの濃度調節を介して、塩刺激に対する味覚ニューロンの応答に寄与することが明らかになりました。これは、ClCチャネルが神経の応答性を調節し、ひいては行動の制御に関わることを示す新たな知見です。ClCチャネルの遺伝子はヒトにも複数あり、遺伝子疾患への関与が知られています。今回の研究成果は、ClCチャネルの機能と疾患との関係を理解することにも役立つと期待されます。

詳しくはこちらをご覧ください。
  東京大学大学院理学系研究科プレスリリースこのリンクは別ウィンドウで開きます(2021年1月27日)

プレスリリース