ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

氷期最寒期のダスト飛来量を複数の南極アイスコアから復元 ~ダスト起源のパタゴニアからの輸送距離の違いを反映~

2020年3月10日

国立極地研究所
北海道大学
海洋研究開発機構
東京大学 大気海洋研究所

国立極地研究所の大藪幾美研究員と川村賢二准教授、北海道大学低温科学研究所の飯塚芳徳准教授、東京大学大気海洋研究所の阿部彩子教授、海洋研究開発機構の大垣内るみ研究員らによる国際共同研究グループは、南極内陸のドームふじとドームCアイスコアに含まれる微粒子のサイズや形状、化学組成を一粒ずつ電子顕微鏡によって解析することで、最終氷期の最寒期(約2万年前)にドームふじに降下したダスト(陸域を起源とする微粒子)がドームCよりも約3倍も多かったことを初めて明らかにしました。また、同時期にドームCに飛来したダストの方が小さく扁平であることから、より遠くから運ばれてきたこともわかりました。これらの結果は大気大循環モデルによるシミュレーションとも整合的であり、その原因は、氷期のダストの主な起源である南米南部のパタゴニアからの輸送距離の違いであると考えられます。この成果は「Journal of Geophysical Research -Atmospheres」誌に掲載されました。

詳しくはこちらをご覧下さい。
  国立極地研究所プレスリリースこのリンクは別ウィンドウで開きます(2020年3月10日)

プレスリリース