ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

「ちきゅう」による遠州灘掘削の速報:長期間の連続した地震記録試料を採取

2020年1月29日

海洋研究開発機構
産業技術総合研究所
東京大学大気海洋研究所/大学院新領域創成科学研究科
日本地球掘削科学コンソーシアム

国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下「JAMSTEC」)は、日本地球掘削科学コンソーシアムと共同で実施する「地球深部探査船「ちきゅう」を用いた表層科学掘削プログラム」の一環として、南海トラフ東端部の遠州灘において、2020年1月5日から1月8日まで、長期の地震発生履歴を解明するための掘削航海を実施しました。JAMSTEC、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人東京大学大気海洋研究所/大学院新領域創成科学研究科は、掘削試料の船上解析を進め、その概要を明らかにしましたので、速報でお知らせします。

詳しくはこちらをご覧下さい。
  海洋研究開発機構プレスリリースこのリンクは別ウィンドウで開きます(2020年1月29日)

プレスリリース