ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

平成30年7月の記録的な猛暑に地球温暖化が与えた影響と猛暑発生の将来見通し

2019年5月22日

気象庁気象研究所
東京大学大気海洋研究所
国立環境研究所

気象庁気象研究所、東京大学大気海洋研究所、国立環境研究所の研究チームは、平成30年7月の記録的な猛暑に対する地球温暖化の影響と猛暑の発生回数の将来見通しを評価しました。

その結果、工業化以降の人為起源による温室効果ガスの排出に伴う地球温暖化を考慮しなければ、昨年のような猛暑は起こりえなかったことが明らかになりました。また、工業化以降の世界の気温上昇が2度に抑えられたとしても、国内での猛暑日の発生回数は現在の1.8倍となると推定されました。

詳しくはこちらをご覧下さい。
   気象庁気象研究所プレスリリース(2019年5月22日)このリンクは別ウィンドウで開きます

プレスリリース