ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用go to english pageJP/EN

facebook_AORI

「京」を利用した世界初の超高解像度全球大気シミュレーションで積乱雲をリアルに表現 ~台風や集中豪雨などの発生メカニズムの解明に寄与~

2013年9月20日

独立行政法人理化学研究所
独立行政法人海洋研究開発機構
国立大学法人東京大学大気海洋研究所

理化学研究所計算科学研究機構、海洋研究開発機構、東京大学大気海洋研究所の共同研究チームは、スーパーコンピュータ「京」を使って水平格子間隔1 km未満の超高解像度の全球大気シミュレーションを行うことに世界で初めて成功し、この結果から水平格子2 km未満の解像度にすることでこれまでは詳細に表現することが難しかった積乱雲を非常に良く表現できることを明らかにしました。
本研究により、一つ一つの積乱雲から全球規模の積乱雲群との相互の関係をより正確に調べることが可能となり、甚大な被害をもたらす積乱雲群である台風や、集中豪雨などの発生メカニズムの解明、雲の気候への影響の研究などに寄与することが期待できます。

リリース内容はこちらをご覧ください。http://www.riken.jp/pr/topics/2013/20130920_1/(理化学研究所サイト内ページへジャンプします)

プレスリリース