教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

現在の南極・グリーンランド氷床および山岳氷河の融解は人為起源気候変調によるものである可能性

2012年7月19日

横山 祐典(東京大学大気海洋研究所)

サンプル

東京大学大気海洋研究所の横山祐典准教授らのグループは、現在進行中の南極氷床およびグリーンランド氷床そして山岳氷河の融解が、2万年前の氷期から引き続き起こっている氷床融解現象ではなく、近年に特有の現象であることを明らかにしました。人為起源の気候変調による極域氷床の変動である可能性を示唆する結果で、気候メカニズムの解明に大きく貢献することのできる成果です。
これらの成果は、7月13日にアメリカ地球物理学会のGeophysical Research Letters誌に掲載されました。

プレスリリース資料PDFファイル(814KB)

図1PDFファイル(1326KB)
図2PDFファイル(52KB)
図3PDFファイル(2666KB)
図4PDFファイル(78KB)

プレスリリース