ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

海洋の内部波によるサンゴ礁の冷却 ~白化緩和効果の可能性を指摘~

2019年11月27日

大気海洋研究所

東京大学大気海洋研究所のAlex Wyatt特任研究員(現、香港科技大学助教授)、James Leichter招聘教授(カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリップス海洋研究所教授)、永田俊教授らの研究グループは、太平洋の広範な海域において、サンゴ礁が、内部波(海中に発生する波)によって冷却されていることを明らかにしました。本成果はNature Geoscience誌に11月18日オンライン掲載されました。

詳しくはこちらをご覧下さい。
  UTokyo FOCUS - Articles
  海洋の内部波によるサンゴ礁の冷却 ~白化緩和効果の可能性を指摘~このリンクは別ウィンドウで開きます
  (2019年11月27日)

研究トピックス