東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

施設・設備

陸上研究施設

海洋生物飼育実験施設

大飼育室には、各水槽ごとに淡水・海水が使用でき、温度調節・濾過装置・エアの供給を取り付けた2tから250Lまでの円形水槽および角型水槽が設置されています。さらに、光環境・温度を調節できる実験室・トランスジェニック・特殊環境・行動撮影に対応可能な実験室も備えています。

中央顕微鏡施設

蛍光X線分析装置、電子プロ-ブマイクロアナライザー(2機種)、真空蒸着装置、生物用硬組織試料作製室、電子顕微鏡用生物試料作製室、超ミクロトーム(2機種)、透過電子顕微鏡、走査電子顕微鏡(EDX付属)、暗室を備えています。

低温施設

低温実験室(+4℃)1室,試料低温保存室(+4℃)2室,試料冷凍保存室(-30℃)3室および+4℃と-30℃に変更できる1室からなり,低温での実験,フィールドで採取した試料の保存が可能です。

電子計算機・ネットワーク管理施設

大規模な数値シミュレーションやデータ解析を可能とする並列計算サーバとともに、棟内の高速ネットワークのための制御機器が置かれています。

遺伝子解析実験施設

P2レベルまでの組み換えDNA実験を行うためにクラスIIBの安全キャビネットを備え、動物、植物および微生物の核酸の抽出、遺伝子ライブラリの作成、RNAの発現解析を行うことができます。

総合クリーン実験施設

ナノシムス実験室:二次元高分解能二次イオン質量分析計、金蒸着装置、真空乾燥器、実体顕微鏡
無機系実験室:ICP質量分析計、表面電離型質量分析計、ICP発光分析計、同位体比質量分析計、天然放射能測定装置
生物地球化学実験室:栄養塩自動分析装置、CHN元素分析計、同位体比質量分析計、蛍光光度計、分光光度計、高速液体クロマトグラフ、ガスクロマトグラフ

海洋生物培養施設

恒温培養室(20℃、4℃)、クリーンベンチ、振盪培養機、インキュベータ(各種)、振盪機、オートクレーブ、乾熱滅菌器

放射線同位元素(RI)実験施設

放射性同位元素を用いた生物学、化学、物理学的実験を行うための施設で、本所放射線安全委員会の安全管理のもとに運営されています。放射能測定装置としては、液体シンチレーションカウンター、ガンマカウンターなどを、また、実験装置としては、高速液体クロマトグラフイ、遠心型凍結乾燥機、PCRサーマルサイクラーなどを備えています。

物理環境実験施設

地球の回転によるコリオリ力や密度成層の効果の効いた大規模な大気・海洋の運動とその生物環境への影響などを調べる室内実験を行うための施設を備えています。主要な施設 としては、直径1.5m、回転数0-15rpmで安定した回転を行う回転実験台があります。

地学試料処理施設

岩石および耳石の切断・研磨、蛍光X線分析用のガラスビー ドの作製を行う施設です。岩石カッター、卓上ドリル、岩石研磨機、岩石クラッシャーを備えます。また、ドレッジ試料・堆積 物コア試料の記載、岩石物性測定、サンプリングを行うことができます。

地学精密分析実験施設

炭酸塩試料、海底堆積物、岩石試料などに含まれる微量元素や同位体比を分析するための施設です。2基のドラフトとクリーンベンチを備えたクリーンルームがあり、二重収束型高分解能質量分析計が設置されています。個体試料をそのまま測定に供することが可能なレーザーアブレーション装置の導入も予定されています。

試料処理施設・試料保管庫

研究船やフィールドで採集した液浸生物試料、海水、岩石、堆積物コアなどを保管しています。特に試料処理施設はドラフトを備えており、液浸生物試料の処理を行うこともできます。

液体窒素タンク施設

研究所の屋外に内容積4.98m3のタンクが1基設置されています。PC制御による自動供給装置が装備されており、容器を登録すれば、タッチパネル操作で容器サイズにあわせて液体窒素を安全かつ容易に充填することができます。

加速器質量分析施設

年代測定や表層の生物環境トレーサとして有効な放射性炭素の測定を行うための、我が国初のシングルステージ加速器質量分析装置(YS-AMS)が導入され、加速器実験棟が2013年に完成し、主に最先端次世代研究開発支援プログ
ラムを遂行するために、稼働が開始されました。考古学や海洋学の年代測定はもちろん、自然放射性炭素を用いた環境動態解析に有効な機器です。

国際沿岸海洋研究センター(岩手県大槌町)

大槌湾・船越湾での各種観測・採集調査等の技術支援を、共同利用共同研究推進センターの沿岸研究推進室が担当しています。  (→国際沿岸海洋研究センターの詳しい情報はこちら)

その他の施設・設備

海洋観測機器棟

プランクトンを採集する小型のネットから、深海底の堆積物を採取する大型の装置まで、海洋観測に必要な、さまざまな観測機器が維持管理されています。

図書室

研究所での研究および教育活動を支援するため、関連図書・雑誌などを収集、保存し、研究の参考に活用しています。また、東京大学附属図書館システムを活用し、図書室蔵書のオンライン目録化により、他大学・研究機関へも利用提供しています。(→より詳しい情報はこちら)

講堂(2階),講義室(2階),セミナー室(3-7階)

内外研究者によるシンポジウムや講演会、共同利用研究船新青丸・白鳳丸の航海打ち合わせ、各種講義などに利用されています。

このページのトップへ