東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

プロジェグランメーユ 震災復興関連情報 東京大学基金沿岸センター活動支援プロジェクト ひょうたん島通信

学術ニュース&トピックス

一覧

学術ニュース&研究トピックス

学術ニュース

2014年9月1日

渡部雅浩(東京大学大気海洋研究所)
塩竈秀夫(国立環境研究所)
建部洋晶(海洋研究開発機構)
林未知也(東京大学大気海洋研究所)
石井正好(気象庁気象研究所)
木本昌秀(東京大学大気海洋研究所)

地球温暖化の停滞現象(ハイエイタス)の要因究明 ~2000年代の気温変化の3割は自然の変動~NEW

発表のポイント: 全球気候モデルによるシミュレーションにより、2000年以降の地球全体の気温上昇の停滞状態(ハイエイタス、注1)の再現に成功しました。気候の内部変動(注2)の地球全体の気温変化に対する寄与は、1980~2010年までの各年代で47%、38%、27%と無視できない大きさであることが分かりました。地球全体の気温変化における気候内部変動の寄与は、人為起源の温暖化が顕著になるにつれて減少しており、今後温暖化が進めば、この割合はさらに小さくなると示唆されます。..

詳しくはこちらから

学術ニュース&研究トピックス

学術ニュース

2014年8月16日

総合研究大学院大学
国立極地研究所
海洋研究開発機構
東京大学大気海洋研究所

メキシコ湾流の流路変化がもたらす北極海の海氷減少とユーラシア大陸の異常寒波

近年進行する北極海の温暖化(海氷減少)およびユーラシア大陸の異常寒波が、メキシコ湾流の流路(流軸)の変化によって引き起こされていることを、気象データの解析及び数値モデルにより解明しました。..

詳しくはこちらから

学術ニュース&研究トピックス

学術ニュース

2014年7月28日

国立環境研究所 地球環境研究センター
東京大学 大気海洋研究所

近年の北半球中高緯度における猛暑発生頻度の増加要因を解明

http://www.nies.go.jp/whatsnew/2014/20140728/20140728.html
海洋の自然のゆらぎや人間活動の影響を考慮した大気大循環モデルによる実験により、近年の猛暑発生頻度の変動要因を調査しました。その結果、近年のように海の表層の温暖化が緩やかな期間でも、亜熱帯から高緯度にかけての広い範囲では、大気中の二酸化炭素濃度の上昇を始めとした人間活動の影響が、猛暑の発生頻度を増加させていることがわかりました。また、特に近年の中緯度での猛暑の頻発
..

詳しくはこちらから

メールニュース配信登録

研究組織

共同利用共同研究推進センター

図書室

教職員募集

要覧/年報・リーフレット

ニュースレター

書籍紹介

メディアの方へ

地球表層圏データベース

海洋アライアンス

COMSEA (Asiancore)