東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

プロジェグランメーユ 震災復興関連情報 東京大学基金沿岸センター活動支援プロジェクト ひょうたん島通信

学術ニュース&トピックス

一覧

学術ニュース&研究トピックス

研究トピックス

2015年6月18日

岡 英太郎(東京大学大気海洋研究所)
Bo Qiu(ハワイ大学海洋学部)
高谷 祐介(気象庁地球環境・海洋部)
延与 和敬(気象庁地球環境・海洋部)
笹野 大輔(気象研究所海洋・地球化学研究部)
小杉 如央(気象研究所海洋・地球化学研究部)
石井 雅男(気象研究所海洋・地球化学研究部)
中野 俊也(気象庁地球環境・海洋部)
須賀 利雄(東北大学大学院理学研究科/国立研究開発法人海洋研究開発機構)

学術ニュース&研究トピックス

プレスリリース

2015年6月17日

狩野 泰則  東京大学大気海洋研究所 准教授
福森 啓晶  東京大学大気海洋研究所 海洋科学特定共同研究員

 

学術ニュース&研究トピックス

研究トピックス

2015年5月21日

吉澤 晋・木暮一啓(東京大学大気海洋研究所)ほか

海洋細菌由来新規ロドプシンによる、光によってナトリウムイオンを細胞外へと運び出す仕組みの解明

これまで太陽の光エネルギーを利用している海洋生物は、クロロフィルを持つ光合成生物、すなわち植物や植物プランクトンとの考えが常識でした。しかしながら近年の研究から、光を用いて水素イオン(H+)を輸送することで太陽の光エネルギーを利用するプロテオロドプシンと呼ばれる光受容タンパク質が海洋表層に生息する細菌の間に普遍的に存在することが示され、この常識は崩れつつあります。また、2013年に光エネルギーを用いてナトリウムイオン(Na+)を輸送するロドプシン、2014年には塩化物イオン(..

詳しくはこちらから

メールニュース配信登録

研究組織

共同利用共同研究推進センター

図書室

教職員募集

要覧/年報・リーフレット

ニュースレター

書籍紹介

メディアの方へ

地球表層圏データベース

海洋アライアンス

COMSEA (Asiancore)