ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用go to english pageJP/EN

facebook_AORI

「富岳」プロジェクト論文解説記事を掲載

更新日:2021年02月22日

海洋物理学部門 海洋大気力学分野の佐藤 正樹 教授が課題責任者を務める、「富岳」成果創出加速プログラム「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」に関して、以下2本の論文解説記事がプロジェクトの「研究成果」ページに掲載されました。

「2020年7月に発生した熊本県球磨川の氾濫を引き起こした線状降水帯の半日先予測に成功」
※斉藤 和雄 客員教授共著の以下論文に関する解説記事です。
雑誌名:「SOLA
論文タイトル:Forecasts of the July 2020 Kyushu heavy rain using a 1000-member ensemble Kalman filter
著者:Le Duc, Takuya Kawabata, Kazuo Saito, Tsutao Oizumi
DOI番号:10.2151/sola.2021-007

「豪雨の予測に必要な数値モデルの解像度はどれぐらい?~「京」コンピュータを用いた線状降水帯の予測の実現に向けて~」
※斉藤 和雄 客員教授、伊藤 純至 助教(研究当時)共著の以下論文に関する解説記事です。
雑誌名:「Journal of the Meteorological Society of Japan
論文タイトル:Ultra-high Resolution Numerical Weather Prediction with a Large Domain Using the K Computer. Part 2: The Case of the Hiroshima Heavy Rainfall Event on August 2014 and Dependency of Simulated Convective Cells on Model Resolutions
著者:Tsutao OIZUMI, Kazuo SAITO, Le DUC, Junshi ITO
DOI番号:10.2151/jmsj.2020-060

■「富岳」成果創出加速プログラム「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」 - 研究成果
https://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp/fugaku/research.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

お知らせアイコン

Noticeアイコン