東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

過去に開催された研究集会(中野地区、旧・海洋研究所)

2009(平成21)年度

開催期間 研究集会名称 参加人数
2009.4.23-24 バイオミネラリゼーションと石灰化─遺伝子から地球環境まで 114
2009.5.21 DNA情報にもとづく種査定技術とその応用 41
2009.6.4-5 北太平洋亜熱帯モード水の物理・化学・生物過程 90
2009.6.29-30 微量元素・同位体を用いた海洋の生物地球化学研究の最新動向と展望 67
2009.10.7 掘削科学および関連分野の現状と将来 62
2009.10.9 第44回海中海底工学フォーラム 277
2009.10.29-30 海底拡大系の総合研究─InterRidge Japan 研究集会─海底熱水系が繋ぐ地圏・水圏・生命圏 104
2009.11.9-10 水生生物の異時性に関する研究─現状の把握と今後の展望 43
2009.11.20 海底地盤変動学のススメ─地形学・地質学・地盤工学からのアプローチ 64
2009.11.25 水産資源管理における再生産関係の利用の現状と問題点─理論的・実用的立場から 50
2009.11.26-27 1970年代の黒潮親潮域において海洋生態系のレジームシフトはいつ起こったのか─フンボルト海流域との比較 76
2009.12.7-8 水族館における水生生物研究と教育─現状と展望 175
2009.12.11-12 白鳳丸航海KH-08-2データシンセシス 75
2009.12.21-22 新しい海洋区分の創設に向けた生物地球化学と生態学の統合研究 88
2010.1.5-6 沿岸海洋生物の広域動態研究の最前線 92
2010.1.7-8 古海洋学シンポジウム 144
2010.1.14 pHからみた地球環境─酸性からアルカリ性までの水と生物地球化学 23
2010.3.23 東シナ海を主としたガラモ場と流れ藻の分布と生態 21

2008(平成20)年度

開催期間 研究集会名称 参加人数
2008.5.22-23 潮汐混合とオホーツク海・ベーリング海の物理・化学・生物過程 62
2008.6.13 生理、行動、分子から見た海棲哺乳類の生物学-最近の話題から- 101
2008.6.19-20 バイオミネラリゼーションと石灰化-遺伝子から地球環境まで- 95
2008.6.25-26 駿河湾・相模湾の生態系に対する気象と黒潮変動の影響 98
2008.7.31 太平洋の海洋循環と力学過程 37
2008.8.4 水塊構造の時空間変動と高頻度連続観測による親潮生態系の動態解明 31
2008.10.10 第42回海中海底工学フォーラム 193
2008.10.30-31 InterRidge-Japan 研究集会 海底拡大系の総合研究-海底拡大系における海洋地殻内流体- 113
2008.11.19 海と畑と森のDNA多型研究 69
2008.11.20-21 我が国における刺胞動物研究 185
2008.12.1 ゾーニング:使い分けや棲み分けによる漁場・資源管理 44
2008.12.11-12 亜熱帯海洋学の最前線 62
2008.12.11-12 板鰓類の魅力と多様性 186
2009.1.8-9 古海洋シンポジウム 168
2009.1.22-23 「微量元素海洋学」事始:海洋の微量元素・同位体研究の動向と今後の展望(GEOTRACES計画) 97
2009.3.5-6 地球流体における構造の組織化とパターン形成の力学 51
2009.3.16 ポストGLOBECをどのように展開するか 23
2009.3.24 藻場研究の今―分布・生態から磯焼け対策・利用まで 43

2007(平成19)年度

開催期間 研究集会名称 参加人数
2007.6.11-12 マアジ仔稚魚の初期生態と東シナ海から日本沿岸への輸送機構 113
2007.6.21-22 バイオミネラリゼーションと石灰化―遺伝子から地球環境まで― 105
2007.6.25 温室地球における生命と環境の共進化:酸化還元境界の変動と生物進化 25
2007.8.8 南海トラフ巨大地震発生帯の掘削科学(IODP) 78
2007.8.23-24 アワビ類栽培漁業の検証と今後の展望 165
2007.10.26 第40回海中海底工学フォーラム 262
2007.10.30-31 海底拡大系の総合研究 124
2007.11.15-16 魚類の適応と進化の統合生物学:遺伝子から行動まで 115
2007.11.28 シミュレーションを用いた水産資源の管理-不確実性への挑戦- 77
2007.11.30-12.1 発光生物研究の展開と教育への応用;光がつなぐ科学と教育 108
2007.12.6-7 環境問題と水族館 その現状、課題、そして将来展望 186
2007.12.20-21 繁殖特性の時空間的変異が個体群動態へおよぼす影響 126
2008.1.7-8 古海洋学シンポジウム 174
2008.1.17-18 微量元素と同位体による海洋の生物地球化学的研究(GEOTRACES計画):その最新動向と今後の方針 85
2008.1.28 西部北太平洋亜寒帯域・亜熱帯域の特徴と相互作用 69
2008.3.14 地球規模海洋生態系変動研究(GLOBEC)温暖化を軸とする海洋生物資源変動のシナリオ-2- 28
2008.3.24-25 海洋リソスフェア学シンポジウム-海洋底深部構造と進化過程解明に向けて- 58
2008.3.25 選択的漁獲に対する海洋生物資源の進化的応答に関する研究 14

2006(平成18)年度

開催期間 研究集会名称 参加人数
2006.7.6-7 鯨骨生物群集研究の最前線~海底に沈んだ鯨が育む生態系 146
2006.9.26-27 ウナギ資源の現状と保全 175
2006.10.27 第38回海中海底工学フォーラム 179
2006.11.6-7 全海洋動物プランクトンセンサスワークショップ 79
2006.11.9-10 中央海嶺研究のグローバルな展開 InterRidge-Japan 研究発表集会 102
2006.11.22 漁業管理におけるリスク評価と合意形成のための社会経済学的アプローチ 104
2006.11.29 地球規模海洋生態系変動研究(GLOBEC)-温暖化を軸とする海洋生物資源変動のシナリオ 86
2006.11.30-12.1 軟骨魚類を探る 189
2006.12.7-8 浅海域資源の管理と増殖の現状と課題 178
2006.12.18-19 北太平洋の生態学的および生物地球化学的特徴 123
2007.1.12-13 2006年度古海洋学シンポジウム 167
2007.1.25-26 脊索動物の進化と脊椎動物の起源 128
2007.2.19-20 海洋プレートと島弧の深部構造:IODP超深度掘削へ向けて 119
2007.3.27-28 地球流体における波動と対流の力学 67