東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

学術研究船 淡青丸

【要目】【研究観測設備】【航海実績ほか】


淡青丸

学術研究船淡青丸(1882年~2013年)は、全長51メートル、総トン数610トンの中型研究船。主として日本近海の調査研究で活躍しました。

2004年度からは、船籍が海洋研究開発機構(JAMSTEC)に移管され、東京大学大気海洋研究所と海洋研究開発機構が協力して学術研究船の運航にあたりました。

2013年1月31日に退役しました。



要目

全長 51.00m
航続距離 6,200海里
9.20m
主機関 750PS×2台(2機1軸)
深さ 4.19m
主発電機 240KW×2台
計画満載吃水 3.70m
補助発電機 240KW×1台
総トン数 469トン(国内), 610トン(国際)
熱油容積 162.20m²
航海区域 第三種従業制限
清水容積 119.00m²
航海速度 12.00ノット
定員 38名(研究者12名 内1名観測技術員)
造船所 三菱重工業株式会社下関造船所
起工 1982年2月1日
進水 1982年7月9日
竣工 1982年10月15日
退役 2013年1月31日


研究観測設備

研究室(共用) 1室
ドライ研究室 21平方メートル
セミドライ研究室 20平方メートル
ウエット研究室 12平方メートル
観測用ウインチ 3台
No1 ウインチ 9.14mmφ×7,000m
No2 ウインチ 7.39mmφ×7,000m(CTD用)
No3 ウインチ 5.00mmφ×7,000m
ラインホーラー 1台268m/min(定格速度)
起倒式カントリー 静止5.0ton, 可動1.0ton
タビット 3台
回転式タビット 2.0ton
ピストンコアラー用タビット 0.9ton
前甲板タビット 0.5ton
中折式クレ-ン 650kg/4m(2.6x-m)
作業挺 6.0m×2.0m×0.9m 6ノット
その他 PDR、科学魚群探知機、ADCP
魚群探知機、スキャーニングソナー
気象・海象観測装置、BT
CTD、エアガンコンプレッサー
自記水温記録計、純水製造装置
採水器・採泥器・生物採集ネット類
研究観測設備

このページのトップへ