東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

学術研究船 白鳳丸

【要目】【研究観測設備】【航海実績】

 
白凰丸

学術研究船白鳳丸は、全長100メートル、総トン数3,991トンの大型研究船。遠洋、近海を問わず、世界の海を舞台として、長期の研究航海に使われています。

2004年度からは、船籍が海洋研究開発機構(JAMSTEC)に移管され、東京大学大気海洋研究所と海洋研究開発機構が協力して学術研究船の運航にあたっています。


要目

全長 100.00m
長さ(垂線間長) 90.00m
幅(型) 16.20m
深さ(型) 8.90m
計画満載吃水(型) 6.00m
資格 JG第三種船、遠洋区域
(国際航海) NK Ice class C,MO相当
総トン数 3,987トン(国内) 3,991トン(国際)
試運転最大速度 18.74ノット
航海速度 16.00ノット
航続距離 12,000海里
定員 89名
乗組員 54名
研究員 35名
推進機関 4サイクルディーゼル機関
1,900ps×4台
電気推進モータ 460kw×2台
造船所 三菱重工業株式会社下関造船所
起工 昭和63年5月9日
進水 昭和63年10月28日
竣工 平成元年5月1日
推進器および舵 4翼可変ピッチプロペラ
(ハイスキュー型)2軸×2舵
発電機 推進発電機(主機関駆動)
1,085kw×2台
主発電機 715kw×3台
バウスラスタ(トンネル蓋付) 推力 4.2ton×2台
スタンスラスタ 推力 6.8ton×1台
ジョイスティックコントロールシステム 1式
光データリンクシステム マスターステーション1
ワークステーション10
航法自動化装置 1式
航法制御装置 1式
航法システム開発装置 1式
空調装置(12系統) 1式
エレベータ、ダムウエータ 各1基
タンク容積
    ---清水
    ---燃料油(含澄タンク、常用タンク)
    ---バラスト水

488m²
1,048m²
143m²

研究観測設備

研究室(10室)
No.1 研究室 海底地形・NOAA衛星受信処理
No.2 研究室 RI実験室
No.3 研究室 ドライ汎用実験室、ElecTRonics機器
No.4 研究室 クリーンルーム兼無菌室
No.5 研究室 セミドライ汎用実験室
No.6 研究室 セミドライ汎用実験室
No.7 研究室 ウエット汎用実験室、暗室、薬品庫付
No.8 研究室 データ・オフライン処理室
No.9 研究室 重力計・高精度ジャイロ室
No.10 研究室 低温実験室

この他、採水器室、研究調査室を装備する

観測用ウインチ類

観測用ウインチ類
No.1 ウインチ 14.0mmφ×15,000m
No.2 ウインチ 8.39mmφ×12,000m(Ti armoured)
No.3 ウインチ 6.4mmφ×12,000m(Ti)
No.4 ウインチ 9mmφ×7,000m
No.5 ウインチ 14.0mmφ×6,000m(rope)
No.8 ウインチ 3.3mmφ×1,500m(船首側右舷)
起倒式ガントリー 11t 船外 4.5m ホイスト 2ton
伸縮ビーム 11t 船外 2.0m ホイスト  2ton
デッキクレーン 3t x 3.5 ~ 21 mR

主な常備観測設備

  • 人工衛星データ受信処理装置
  • 海象気象装置
  • シービーム
  • PDR
  • 3.5KHzSBP
  • ADCP
  • 生物資源音響探査装置(ABIS)
  • 音響測位装置
  • エアガンコンプレッサー
  • 純水製造装置
  • 超深海用CTDシステム
  • 曳航式海底イメージングシステム 等
研究観測設備

このページのトップへ