ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用go to english pageJP/EN

facebook_AORI

板鰓類シンポジウム2021

更新日:2022年03月02日

(2021年12月17日 開催)

東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会

日時:2021年12月17日(金)
場所:
オンライン(Zoom meetingおよびGather town利用)
コンビーナ:山口敦子(長崎大学大学院 水産・環境科学総合研究科)
所内対応者:兵藤晋(生理学分野)

=====================================================
ウェビナー登録などのために参加申し込みが必要です:申し込みは下記よりお願いします。
申込み期限は12月16日(木)12時 
生理学分野・兵藤(hyodoaori.u-tokyo.ac.jp)までメールでお知らせ下さい。
         ※アドレスの「◎」は「@」に変換してください
=====================================================
         

プログラム

12月17日(金)
9:30 開会挨拶・説明

口頭発表の部 Zoom meeting利用

午前の部(座長:堀江琢)
9:40~10:05 1. ジンベエザメは垂直摂餌中に吸い込んだ空気で浮いている?

冨田武照・戸田実・村雲清美・宮本圭・松本瑠偉・植田啓一・佐藤圭一(沖縄美ら島財団)
10:05~10:30 2. ナヌカザメはどの様に膨らむのか~~その謎に挑む
仲谷一宏(北海道大学)・冨田武照(沖縄美ら島財団)・中村 將(沖縄美ら島財団)・荻本啓介(下関水族館)・何 宣慶(台湾国立海洋生物博物館)
10:30~10:55 3. 『サメの歯化石のしらべ方』の出版の意義と反省
後藤仁敏(鶴見大)・田中猛(小田原市)・金子正彦(加須市)・鈴木秀史(長野県小諸高)・髙桒祐司(群馬県立自然史博)・サメの歯化石研究会

午前の部(座長:北村徹)
10:55~11:20 4. 板鰓類血中に常在する細菌叢の検出と解析

長澤貴宏 (九州大学)
11:20~11:45 5. 板鰓類のゲノム情報集積の現状とそこから展開する研究への期待
工樂樹洋(国立遺伝学研究所、総合研究大学院大学、理研BDR)

昼休み (幹事会)

午後の部(座長:高木亙) 
13:00~13:25 6. 小笠原諸島における画像によるシロワニ個体識別調査
中村雅之 (マリンワールド海の中道)・田中彰 (東海大学海洋学部)・シロワニ繁殖協議会(登別マリンパークニクス、茨城県立アクアワールド大洗水族館、しながわ水族館、横浜・八景島シーパラダイス、東海大学海洋科学博物館、マリンワールド海の中道)
13:25~13:50 7. シロワニの水槽内繁殖について
徳永幸太郎・齋藤伸輔・柴垣和弘(アクアワールド茨城県大洗水族館)
13:50~14:15 8. 水槽内で観察されたジンベエザメの繁殖行動
松本瑠偉(沖縄美ら海水族館、沖縄美ら島財団総合研究センター)・村雲清美(沖縄美ら海水族館)・野津了(熊本大学大学院先端科学研究部)・冨田武照・佐藤圭一(沖縄美ら海水族館、沖縄美ら島財団総合研究センター)

休憩 5分

午後の部(座長:田中彰)
14:20~14:45 9. エコー検査を活用したトラザメ産卵周期の非侵襲的同定と性ステロイドホルモンの変動

兵藤晋・井上拓人・下山紘也・川野真依・斎藤萌々子(東大大海研)・野津了・村雲清美・松本瑠偉(沖縄美ら島財団)・徳永幸太郎(大洗水族館)・佐藤圭一(沖縄美ら島財団)
14:45~15:10 10. 長期飼育による深海ザメ類の繁殖様式の研究とその意義
高岡博子・村雲清美・金子篤史・比嘉俊輝(沖縄美ら海水族館)・佐藤圭一(沖縄美ら島財団総合研究センター)
15:10~15:35 11. ナルトビエイの繁殖戦略と胚休眠の生態的意義~板鰓類研究の更なる発展へ
山口敦子・古満啓介(長崎大学)・Jennifer Wyffels(University of Delaware)

15:35~16:15 総括

ポスター発表の部 Gather town利用

16:30~17:30
P1 アカエイにおける妊娠時の酸素要求量増加への応答に関する予備的研究
山川真由・喜納泰斗・朝比奈潔・鈴木美和(日大生物資源)
P2 ジンベエザメのロドプシンは深海に到達する光を効率的に受容する
山口和晃(理化学研究所生命機能科学研究センター分子配列比較解析チーム)・小柳光正(大阪市立大学大学院理学研究科生体高分子機能学II研究室)・佐藤圭一(沖縄美ら島財団総合研究センター、沖縄美ら海水族館)・寺北明久(大阪市立大学大学院理学研究科生体高分子機能学II研究室)、工樂樹洋(理化学研究所生命機能科学研究センター分子配列比較解析チーム、国立遺伝学研究所ゲノム・進化研究系分子生命史研究室、総合研究大学院大学遺伝学専攻)
P3 板鰓類における繁殖様式とビテロジェニンの遺伝子レパートリーとの関連性を探る
大石雄太(理研BDR, 神戸大)・工樂樹洋(理研BDR, 遺伝研)
P4 トラザメの卵胞発育過程における生殖腺刺激ホルモンの役割
有村省吾・藤森千加(東京大学大気海洋研究所生理学分野)・徳永幸太郎(アクアワールド茨城県大洗水族館)・高木亙・兵藤晋(東京大学大気海洋研究所生理学分野)
P5  腎機能に注目したアカエイの淡水適応メカニズムの解析
油谷直孝・高木亙(東京大学大気海洋研究所)・工樂樹洋(国立遺伝学研究所)・齊藤和裕・牛堂和一郎・坂本竜哉(岡山大学理学部附属牛窓臨海実験所)・兵藤晋(東京大学大気海洋研究所)
P6 駿河湾で採集したシロシュモクザメSphyrna zygaenaの相対成長解析
秋山美華(東海大院海洋)・堀江琢・田中彰・大西修平(東海大海洋)
P7 東シナ海におけるモヨウカスベの年齢,成長,および成熟
原康二郎・古満啓介・山口敦子(長崎大学水産・環境科学総合研究科)
P8 ジンベエザメに見られた台風への行動的な反応
中村乙水(長崎大学海洋未来イノベーション機構)・土田洋之(かごしま水族館)・刀祢和樹(長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科)、米山和良(北海道大学水産学部)・佐々木章(かごしま水族館)・河邊玲(長崎大学海洋未来イノベーション機構)
P9 駿河湾におけるフトツノザメとトガリツノザメの標識放流結果について
堀江琢・田中彰(東海大海洋)
P10 軟骨魚類トラザメの塩類細胞における転写因子forkhead box I3の発現
宮西 弘・西 真理奈(宮崎大学農学部)・高木 亙(東京大学大海研)・井ノ口 繭(東京大学農学部)・兵藤 晋(東京大学大海研)・内田 勝久(宮崎大学農学部)
P11 アカエイにおける血中カルシウム濃度調節機構についての研究
東野将也・鈴木信雄・関口俊男(金沢大学 環日センター 臨海)

オンライン懇親会 Gather town利用

17:30~19:30 懇親会

お知らせアイコン

Noticeアイコン

aorinews画像