ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

国際シンポジウム「福島と海」 Fukushima Dai-ichi and the Ocean: 10 years of study and insight

更新日:20210219

(2021年3月4日 開催)

2011年の東京電力福島第一原発事故から10年が過ぎようとしています。
東京大学大気海洋研究所(AORI)とウッズホール海洋研究所(WHOI)は、この事故で何が起き、海洋と社会にどのような影響を与えたのか、そしてそこから学ぶべきことに関する国際シンポジウムを、3月4日にオンラインで開催いたします。

米国PBSやCNNで科学記者として活躍しているMiles O‘Brien氏を司会者に迎え、4名の科学者、市民活動家が10年間の研究成果や残された課題について講演します。

また、2011年の福島原発事故について、その実態や、海洋や社会に与えた影響についての理解を深めるため、世界中の研究者による研究成果を、40件を超えるポスターにより紹介します。ポスターは3月4日から閲覧可能です。各ポスターには、発表内容を説明する英語と日本語の音声ファイルが添付され、視聴者はポスターの著者に質問を送ることができます。

多くの皆様にぜひご参加いただきたく、ご登録をお待ちしております。

開催日:2021年3月4日(木)19時~21時
開催方法:オンライン
参加費:無料

登録方法等、詳しくは以下のWEBサイトをご覧ください。
■福島と海:海洋研究10年の軌跡
https://cmer.whoi.edu/10-years-of-study-and-insight/このリンクは別ウィンドウで開きます
 

Noticeアイコン