ナビゲーションを飛ばす

教職員募集 所内専用 go to english pageJP/EN

facebook_AORI

2019年度 海洋生態系モデリングシンポジウム

更新日:20191003

(2019年11月21-22日 開催)

東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会

日時:2019年11月21日(木)13:00~17:30
11月22日(金)  9:00~14:45

場所:東京大学大気海洋研究所2F 講堂
〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5 TEL 04-7136-6009
コンビーナー:奥西 武、国立研究開発法人 水産研究・教育機構 東北区水産研究所、
連絡先 okunishiaffrc.go.jp
大気海洋研対応者:伊藤 幸彦、地球表層圏変動研究センター、
連絡先 itohsachaori.u-tokyo.ac.jp

※メールアドレスの「◎」は「@」に変換して下さい
 

プログラム

11月21日(木)
 13:00~
 開会挨拶・趣旨説明 奥西 武(東北区水産研究所)

 13:10~

  • 寺山 慧    (理化学研究所)
    「機械学習と画像処理の水産・環境モニタリング応用-魚群行動とサンゴ分布の解析-」
  • 西川 悠      (海洋研究開発機構)
    「養殖ブリの旋回行動の再現」
  • 坂本達也      (西海区水産研究所, 日本学術振興会特別研究員)
    「耳石酸素安定同位体比分析と数値計算の融合による魚類回遊経路の推定」
  • 中山 新一朗  (中央水産研究所)
    「Model-free methodとmodelをつなぐ:太平洋クロマグロの加入量予測モデルの作成」

 15:10~ 休憩

 15:30~

  • 木村伸吾       (東京大学 大学院新領域創成科学研究科 / 大気海洋研究所)
    「ニホンウナギの来遊過程に与える地球環境変動の影響」
  • 五十嵐弘道   (海洋研究開発機構)
    「海況モデル・衛星観測データを用いた北太平洋におけるいくつかの魚種についての漁場推定」
  • 向 草世香   (西海区水産研究所)
    「一般化加法モデルを用いた魚類の時空間動態の解析」

 ~17:30 終了

11月22日(金)
 9:00~

  • 北門利英       (東京海洋大学)
    「生態系モデリングと資源管理方策評価法への応用」
  • 村瀬弘人       (東京海洋大学)
    「種分布モデル(SDM)の概要 ―空間明示型生態系モデル構築の観点から―」
  • 佐々木裕子    (国際水産資源研究所)
    「空間モデルを用いた北西太平洋における大型鯨類の分布量と捕食量の推定」
  • 亘 真吾       (中央水産研究所)
    「Ecopathを用いた北西太平洋における生態学的特徴の評価」
  • 竹茂愛吾       (国際水産資源研究所)
    「End-to-Endモデル構築のためのネットワーク解析の有効性検討」

 11:30~ 休憩

 13:00~

  • 吉江直樹       (愛媛大学)
    「瀬戸内海中央部における栄養塩変動に対する低次生態系の応答」
  • 中野渡拓也    (北海道区水産研究所)
    「親潮海域における表層リン酸塩の10年規模変動メカニズムに関する数値シミュレーション研究」
  • 橋岡豪人       (海洋研究開発機構)
    「MIROC-ES2LのCMIP6対応実験における海洋生態系動態の現状について」

 総合討論 伊藤幸彦 (東京大学大気海洋研究所)

 ~14:45 終了

注)当日の講演順が変更になる場合があります.

共同利用

研究集会

トップページアイコン