東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

国際沿岸海洋研究センターの被災状況報告(2011.4)

津波第1波が蓬莱島(ひょうたん島)を襲う。係船場にあった調査船「弥生」はこのあと沈没。

1.津波第1波が蓬莱島(ひょうたん島)を襲う。係船場にあった調査船「弥生」はこのあと沈没。

そのあとの津波の襲来で2階まで冠水するセンター本館。最高水位は3階部分まで達した。

2.そのあとの津波の襲来で2階まで冠水するセンター本館。最高水位は3階部分まで達した。

センター敷地内に残ったがれきの山

3.センター敷地内に残ったがれきの山

海側の鉄製扉、窓ガラスなど2階部分まで完全に破壊された。

4.海側の鉄製扉、窓ガラスなど2階部分まで完全に破壊された。

屋外水槽周辺もがれきの山、左奥の研究員用宿舎はすべて冠水した。

5.屋外水槽周辺もがれきの山、左奥の研究員用宿舎はすべて冠水した。

ひょうたん島への堤防は消失、防潮堤も水没し、水際が数メートル後退。

6.ひょうたん島への堤防は消失、防潮堤も水没し、水際が数メートル後退。

玄関ロビー

7.玄関ロビー

事務室、別の部屋から水槽が流されてきた。

8.事務室、別の部屋から水槽が流されてきた。

研究員実験室

9.研究員実験室

センターの門脇にあった石柱

10.センターの門脇にあった石柱