東京大学海洋研究所

共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

潮の満ち引きと気候を繋ぐメカニズムをシミュレーションで解明 ― 月の引力が地球温暖化までも左右する?―

2018年10月15日

国立研究開発法人海洋研究開発機構
東京大学大学院理学系研究科
東京大学大気海洋研究所

国立研究開発法人海洋研究開発機構気候モデル高度化研究プロジェクトチームの建部洋晶ユニットリーダーらは、気候モデルを用いた数値シミュレーション手法により、主に太平洋での潮の満ち引きによって発生する数cmから数m規模の海洋中の微細な海水混合が、海洋コンベヤーと呼ばれる地球の海を巡る大きな循環の変化を通じて、遠く離れた南極環海の気候を決定する要因の一つであることを明らかにしました。

※気候システム研究系羽角 博康 教授が発表論文の共著者に加わっている研究成果です。

詳しくはこちらをご覧下さい。
    海洋研究開発機構プレスリリース(2018年10月12日)このリンクは別ウィンドウで開きます

トピックス