東京大学海洋研究所

共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

表題深海底のメタンを消費する始原的な生命の代謝機構を発見 ~炭素12の同位体濃縮効果による地球上で最も軽いアミノ酸の形成~

2018年9月25日

国立研究開発法人海洋研究開発機構
国立大学法人北海道大学
国立大学法人東京大学

国立研究開発法人海洋研究開発機構生物地球化学研究分野の高野淑識主任研究員らは、国立大学法人北海道大学、国立大学法人東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所及びドイツ・連邦地質調査所と共同で、黒海の深海底に棲息し、温室効果ガスである「メタン(CH4)」を高効率で消費(分解)する微生物から、アミノ酸中央代謝に関する生化学反応及び炭素12を選択的に濃縮したアミノ酸分子の炭素同位体組成を明らかにしました。
※高解像度環境解析研究センター横山 祐典 教授、宮入 陽介 特任研究員が発表論文の共著者に加わっている研究成果です。

詳しくはこちらをご覧下さい。
    海洋研究開発機構プレスリリース(2018年9月24日)このリンクは別ウィンドウで開きます

プレスリリース