東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

シャコガイ殻に残された台風の痕跡 〜新たに発見 過去の台風の復元指標

2018年5月21日

北海道大学
東京大学大気海洋研究所
NPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所

北海道大学大学院理学研究院の渡邊 剛講師らの研究グループは、台風を経験したシャコガイの殻を調べることで、これまで復元できなかった過去の台風の情報を復元する方法を発見しました。

近年、地球温暖化に伴い台風をはじめとした大型の熱帯低気圧の増加が危惧されています。今後の熱帯低気圧の発生頻度を予測には、現在よりも温暖だった時代の熱帯低気圧の頻度を調べることが重要です。

大型の二枚貝であるシャコガイは成長が早く、殻は時間的に高い精度で古環境について調べられる指標として注目されています。日本に接近する台風の通り道である沖ノ鳥島でシャコガイの殻を調べたところ、台風通過時に殻の化学組成、成長線幅の変化が生じることを発見しました。本研究の成果は、シャコガイ殻から過去の台風をこれまでにない高い時間的精度で復元できる可能性を示唆しています。

詳しくはこちらをご覧下さい。
    北海道大学プレスリリース(2018年5月21日)このリンクは別ウィンドウで開きます

プレスリリース