東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

大気中のチリが雲に与える影響を正確に再現 -「京」を用いた高解像度の気候シミュレーション-

2018年3月13日

理化学研究所
名古屋大学
東京大学大気海洋研究所
九州大学
国立環境研究所
宇宙航空研究開発機構

    

理化学研究所計算科学研究機構・複合系気候科学研究チームの佐藤陽祐客員研究員(名古屋大学大学院工学研究科助教)、富田浩文チームリーダーらと、東京大学大気海洋研究所の鈴木健太郎准教授、九州大学応用力学研究所の竹村俊彦教授、国立環境研究所地域環境研究センターの五藤大輔主任研究員、宇宙航空研究開発機構地球観測研究センターの中島映至センター長らの共同研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を用いた超高解像度全球大気シミュレーションにより、大気中の粒子状のチリが雲に与える影響を正確に再現しました。

詳しくはこちらをご覧下さい
      理化学研究所プレスリリース(2018年3月13日)このリンクは別ウィンドウで開きます

プレスリリース