東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

東京スカイツリー(R)で大気中二酸化炭素(CO2)などの 温室効果ガス観測をはじめました

2017年7月27日

国立環境研究所
東京大学大気海洋研究所
気象庁気象研究所
産業技術総合研究所

国立研究開発法人国立環境研究所らのグループは、世界最大級の都市である東京圏からの二酸化炭素(以下、CO2という。)排出量をモニタリングするために、東京スカイツリーにおいて、大気中の温室効果ガス(CO2、メタン等)と関連物質(炭素同位体、酸素、一酸化炭素等)の観測を開始しました。CO2濃度だけでなく、CO2中の放射性炭素同位体比と大気中酸素濃度を高精度で分析することで、CO2排出量を排出源別(植物の呼吸から出たものか、化石燃料を燃焼して出たものか)および燃料別(天然ガスか、石油か)に推定することが可能になると期待できます。CO2濃度については、平成28年3月末から現在まで1年以上の観測を実施し、大都市特有のCO2濃度変動(濃度が高く、かつ気象場に応じた数日周期の激しい変動がある)を捉えることに成功しました。このような、大都市における温室効果ガスと関連物質の大気観測は、フランスのパリや米国のインディアナポリス、ロサンゼルス、国内では代々木、など、世界的にみてもわずかしか行われておらず、非常に貴重な観測です。

パリ協定で合意された世界平均気温の上昇を抑える目標を達成するためには、温室効果ガス排出量の大幅な削減が不可欠です。このような地上での多成分かつ高精度な大気観測と、平成30年度打上げ予定の温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」(GOSAT-2)の全球観測データを組み合わせることで、温室効果ガスの吸収・排出量の把握精度の向上が期待されます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
    国立環境研究所プレスリリース(2017年7月27日)このリンクは別ウィンドウで開きます

プレスリリース