東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

ポスト「京」重点課題4 「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」 第2回シンポジウム ~台風を解剖して、台風と向き合う~

更新日:20161104

(2016年12月5日 開催)

国立研究開発法人海洋研究開発機構主催によるシンポジウムのお知らせです。
大気海洋研究所からは佐藤正樹教授が登壇します。
--------------------------------------------------------

文部科学省委託事業 ポスト「京」重点課題4「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」では、ひまわり8号やレーダーなどの膨大な観測データを天気の予測に用いて、飛躍的な予測精度向上とより長いリードタイムを確保するために、最新の技術開発を進めています。
今年は大きな台風が連続して発生し、発達のしかたや進路もこれまでにはないものでした。台風を理解し、予測するには、膨大なシミュレーション計算を行って、解析する必要があります。今回のシンポジウムでは、「京」などのスーパーコンピュータを使った台風予測とメカニズム解明についての最先端の研究を紹介します。
台風の中で何が起きているのか、これまで未知だったテーマにも迫ります。

1. 日時:2016年12月5日(月)13:00-16:10(12:30開場)
2. 会場:日比谷図書文化館 B1 日比谷コンベンションホール
          東京都千代田区日比谷公園1番4号
          [会場アクセス]
          http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
3. 主催:国立研究開発法人海洋研究開発機構
4. 参加費:無料
5. 参加登録:下記URLからご登録をお願いいたします。
    http://www.jamstec.go.jp/pi4/sympo2016/index.html

    ・参加登録に関するお問い合わせ先:
       重点課題4シンポジウム事務局
        E-mail: pi4-contactあっとjamstec.go.jp
               (「あっと」を「@」に直してください)
        TEL: 045-778-5753
        FAX: 045-778-5491

研究集会