東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

雲・降水・雪氷過程に関わる熱輸送と水循環

更新日:20120717

(2012年8月9日~10日 開催)

東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会

日   時:平成24年8月 9日(木)13:00~16:30
           8月10日(金) 9:00~12:00
場   所:大槌町役場 中央公民館
      〒028-1102 岩手県上閉伊郡大槌町小鎚第32地割126 TEL 0193-42-3030
研究代表者:中井専人(防災科学技術研究所雪氷防災研究センター)
    連絡先 TEL 0258-35-7520
        FAX 0258-35-0020
        e-mail  saintbosai.go.jp         アドレスの「◎」は「@」に変換して下さい。

 

プログラム


8月9日(木)
13:00~ 開会、事務連絡

セッション 梅雨前線帯・熱帯の擾乱と熱・水循環

座長: 勝俣 昌己 (JAMSTEC)
13:10~13:40  吉田 聡 (JAMSTEC) 
   海面水温分布と梅雨前線季節進行
13:40~14:10  佐藤 和敏 (弘前大院・理工)
   黒潮へ接近する梅雨前線降水帯の降水強度変化-WRFを用いた数値実験-
14:10~14:40  久野木 梓織 (弘前大院・理工)
   梅雨前線の北側の長崎沖に発生したレインバンド -2011年6月2日の観測事例-

14:40~15:00 (休憩)

座長: 児玉 安正 (弘前大院・理工)
15:00~15:30  勝俣 昌己 (JAMSTEC)
   熱帯海洋上でのゾンデ特別観測データを用いた熱・水収支解析
15:30~16:00  武田 一孝 (東大大気海洋研)
   台風強度に達するまでの振動過程に関する数値的研究
16:00~16:30  大城 久尚 (東大大気海洋研)
   地形に伴う台風の構造変化について

8月10日(金)
セッション 中緯度・寒冷域の熱・水循環

座長: 本田 明治 (新大・理)
9:00 ~9:30  佐々木 実紀 (弘前大院・理工)
   ヤマセ海域のSST変動と海洋内部構造の関係
9:30~10:00   安藤 雄太 (三重大院・生物資源)
   三重大学練習船「勢水丸」に常設された超音波風速計がとらえた乱流フラックス
10:00~10:30  本田 明治 (新大・理)
   冬季日本の降積雪分布にかかわる大気海洋過程
10:30~11:00  渡邉 俊一 (東大・大気海洋研)
   冬季日本海上で発生する渦状擾乱の数値的研究
11:00~11:30  中井 専人 (防災科研・雪氷)
   降雪粒子の多様性の観測 -降雪の量と相を正確に知りたい-

座長: 中井 専人 (防災科研・雪氷)
11:30~12:00  総合討論

12:00  閉会、事務連絡

研究集会