東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

混獲と生物多様性保全-非意図的漁獲をいかに軽減するか?

更新日:20111207

(12月16日 開催)

東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会

日   時:平成23年12月16日(金)10:00~18:00
場   所:東京大学大気海洋研究所 会議室
      〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5 TEL 04-7136-6011
コンビーナー:松下吉樹(長崎大学院水環)・白木原国雄(東大大気海洋研)・東海 正(海洋大)
大気海洋研対応者:白木原国雄(東大大気海洋研)

プログラム

趣旨説明      松下吉樹(長大院水環)

10:00-10:10

I.混獲問題の現状と課題

混獲問題の国際的な動向      太田愼吾(水産庁国際課)

10:10-10:40

環境保全団体による混獲問題への対応とその取り組み
 -WWFを事例として-     山内愛子((公財)世界自然保護基金ジャパン)

10:40-11:10

II.水産資源の混獲と対応策

魚類の混獲            東海 正(海洋大)

11:10-11:35

さめ類の混獲と保全        仙波靖子(水研セ国際水研)

11:35-12:00

III.希少種の混獲と対応策

はえ縄漁業における海鳥混獲問題への取り組み  清田雅史(水研セ国際水研)

13:15-13:40

ウミガメの混獲          塩出大輔(海洋大)

13:40-14:05

緩和技術の国際的な普及活動-中南米の零細延縄漁業の海亀混獲対策を事例として-
         三橋廷央(鹿大水)・マーティン ホール(IATTC)

14:05-14:30

IV.生態系管理に関連する混獲と対応策

クラゲ類の混獲          内田喜隆(山口水研セ)

14:30-14:55

固着性生物の混獲         松下吉樹(長大院水環)

14:55-15:20

V.沿岸性鯨類の混獲と対応策

ミナミハンドウイルカの混獲    白木原美紀(東邦大)

15:30-15:45

スナメリの混獲          天野雅男(長大院水環)

15:45-16:00

スナメリの混獲の影響評価     橋本 緑(東大大気海洋研)

16:00-16:15

混獲防止のための順応的管理    白木原国雄(東大大気海洋研)

16:15-16:40

VI.総合討論           白木原国雄・東海 正・松下吉樹

16:40-18:00

研究集会