東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

柏キャンパスサイエンスキャンプ 大気と海洋コース開講のお知らせ

更新日:20170712

(2018年2月27日〜3月2日 開催)

(東京大学前期課程対象 全学体験ゼミナール 先端研究体験学習)


概要
本ゼミナールでは、本学柏キャンパス先端研究部局における「知の冒険の現場」をウィンタープログラムとして3泊4日にわたり集中的に体験します。将来の研究者としての基礎トレーニングを積むことを目的としています(宿泊は隣接する宿泊施設を利用、費用は大学負担)。
4名程度の小グループで行われる研究室体験プログラムでは、柏キャンパス内の大気海洋研究所で実際に研究を体験します。最終日には研究室体験プログラムの成果発表会を行います。世界トップレベルの先生のもと、普段の授業では体験できない、「研究者」としての自分を発見する新しい世界へ誘います。
本ゼミナールをサポートする研究室の大学院生や若手研究員、海外研究者との交流を通じて体験することで、今後の「研究者という人生」を考える絶好の機会が提供されます。

対象クラス: 教養前期課程1・2年(文科は対象プログラムのみ)
開催日程: 2018年2月27日(火)〜 3月2日(金)
開催場所: 柏キャンパス 大気海洋研究所

エントリー期限: 9月29日(金)正午12:00

履修登録ほかについては下記のページを参照下さい。
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/ksc/#c06このリンクは別ウィンドウで開きます

担当教員と研究テーマ
1. 阿部 彩子 教授 
「地球システムのシミュレーション入門〜気候-海洋-氷床の過去から未来へ」
2. 伊藤 進一 教授 
「地球温暖化と海洋生態系:魚類への影響評価を数値シミュレーションで体験」(文系可)
3. 今須 良一 准教授 
「人工衛星データを用いて大気環境を調べてみよう」(文系可)
4. 沖野 郷子 教授
「海中ロボットで海底火山の成り立ちを探る」
5. 兵藤 晋 教授
「サメをモデルに海洋環境への適応のしくみを理解する」

お知らせ