東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

Nature NEWS & VIEWS「気候科学:氷河期の大洋循環を理解する」にて岡講師ほかの論文が紹介

2012年7月11日

岡 顕・羽角博康・阿部彩子(気候システム研究系)

マックスプランク研究所のJochem Marotzke氏によるNEWS & VIEWS 「気候科学:氷河期の大洋循環を理解する」(Nature Vol.485 Issue7397)の記事で、「海洋モデルに基づく気候シミュレーションは、既存の気候モデルが最終氷河期の間の大洋循環の明確な像を与えることができなかった理由を解明する鍵となるかもしれない。」として、岡講師ほかの論文が紹介されました。
http://www.nature.com/nature/journal/v485/n7397/full/485180a.html

論文はこちらからご覧頂けます。
Oka, A.Hasumi, H. & Abe-Ouchi, A. (2012) The thermal threshold of the Atlantic meridional overturning circulation and its control by wind stress forcing during glacial climate. Geophys. Res. Lett. 

学術ニュース