東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

北日本のメダカと南日本のメダカの分岐は ヒトとチンパンジーの分岐より3倍以上古かった!

2009年7月13日

東京大学海洋研究所 西田 睦・馬渕浩司
千葉県立中央博物館 宮 正樹

サンプル

北日本のメダカと南日本のメダカが共通の祖先から枝分かれ (分岐) した時期は、ヒトがチンパ ンジーとの共通祖先から枝分かれした時期よりも3倍以上古いことが,東京大学海洋研究所と千葉 県立中央博物館が共同で行なった遺伝子解析により明らかになりました.この結果は,脊椎動物の ゲノム進化や,日本の生物相の成り立ちを理解する上で重要な意味をもつものです.この研究成果 は英国王立協会が発行する Biology Letters のオンライン版に 7 月 9 日 付けで発表されました.(な お,印刷出版は 9 月頃になる予定です.)

発表資料はこちらPDFファイル(253KB)

学術ニュース