東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

道田豊教授にマレーシアトレンガヌ大学から名誉博士号

更新日:20160105

2015年10月24日、マレーシアのトレンガヌ大学(Universiti Malaysia Terengganu: UMT)の卒業式において、名誉博士号を授与されました。同大学は海洋関係の研究所を母体とし、その後科学技術大学の時期を経て2007年に現在の形で設立されたものです。設立経緯もあって海洋学には力を入れており、現在のVice Chancellorのノライニ女史は前職では国家海洋管理機構(National Ocean Directorate)の責任者を務めていた人物で、実質的な学長として辣腕をふるっています。

このたび、アジア地域における海洋物理学の発展と国際協力への貢献が評価され、名誉博士号を受けました。式はトレンガヌ州王ご臨席のもとで極めて厳粛な雰囲気で行われ、UMTの学長を務める州王妃から名誉学位記を授与されました。その後スピーチを求められ、フロアに並ぶUMT大学院修了生に対する激励の言葉も含めて10分ほど話しました。ユネスコその他、比較的公的な国際会議等でのスピーチや講演など、それなりに場数を踏んでいる方だと思いますが、今回ほど緊張したことはありません。正面二階には州王及び関係者がずらりと着席、また同王妃が舞台中央に御座を占めておられるという、これまでに経験したことのない場面でした。これを機に、マレーシアとの研究協力の拡充に微力ながら貢献していきたいと思います。(道田 豊)


UMT学長(トレンガヌ州王妃)から学位記授与(UMT提供)


州王ご臨席のUMT卒業式でスピーチ(UMT提供)

報告

その他