東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

イベントレポート:2015 東京私立中学合同相談会にて研究活動紹介

更新日:20150907

東京私立中学合同相談会とは、毎年5月に東京フォーラムで行われている小学生とその両親向けの受験相談会です。そこで海の研究の魅力を子どもたちに伝え、将来への夢を広げてもらえないか、との依頼があり、2010年以来、当研究所はこれに講演と展示で協力してきました。今年は5月17日に開催され、2万人以上の参加者がありました。

講演は野畑重教特任研究員による「震災後4年:東北のサケは戻ってきたか?」。また、猿渡敏郎助教が中心になり、駿河湾から採集してきた魚を会場に並べ、「深海魚に触ってみよう」の企画を行いました。おそるおそる手を伸ばす子、無頓着に触る子などを含め、千人くらいの子どもが生まれて初めて深海魚に触ったのではないでしょうか。その興奮が何らかの形で子どもたちの将来に繋がることを念じています。(木暮 一啓)

大気海洋研究所の展示ブースは好奇心旺盛な子どもたちで終日盛況

その他