東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

イベントレポート: 「第5回博士論文公開発表会」および「博士・修士卒業のお祝いの会」

更新日:20131009

2013年2月21日午後4時頃より、博士論文公開発表会が講堂で行われ、本年度博士を取得された11人が発表を行いました。所内教員による投票の結果、所長賞には、髙部宗一郎さん(農学生命科学研究科水圏生物科学専攻、博士論文題目「板鰓類の体液調節における鰓の役割:機能形態学的研究」)が選ばれました。

発表会の後、午後7時20分より、「博士・修士卒業のお祝いの会」が1階ロビーで開催され、所長賞授与式を行うとともに、博士修了の方には、所長より名刺入れが、博士・修士修了の方には、研究所より「大気海洋研究所ロゴマーク入りサーモステンレスボトル」が贈呈されました。

【用語説明】大学 University、 博士 Doctor degree、修士 Master degree
世界最初の「大学」は北イタリアのボローニャ大学で1158年の神聖ローマ帝国皇帝の特許状に由来します。また、パリ大学も古く1231年の教皇の勅書をベースとします。”University”の意味は「普遍性」や「宇宙」とは関係なく、「利害を同じくする学生(と教師)の組合団体」です。「博士(ドクトル)」は法学中心のボローニャ大学の学位の名称で、一方、「修士(マギステル)」は神学・自由学芸中心のパリ大学の学位の名称です。より詳しい説明は、吉見俊哉著『大学とは何か』(岩波新書)をお読みください。 

(川幡 穂高) 
*Ocean Breeze 第12号より転載

博士論文公開発表会所長賞を受賞した髙部宗一郎氏(右)。新野宏所長とともに

その他