東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

LIPI-JSPS Joint International Seminar on Coastal Ecosystems in Southeast Asiaの開催

更新日:20130225

日本学術振興会(JSPS)の事業Asian CORE Programの一環として、2012年11月12日〜14日、標記セミナーがインドネシア、ジャカルタのインドネシア科学院(LIPI)で開催された。本セミナーには東南アジア協力国と日本から160名が参加し、150件の研究発表(口頭113件、ポスター37件)があった。14日の開会式では議長のZainal Arifin博士(LIPI海洋研究センター所長)の開会の言葉に続き、日本大使館とインドネシア科学技術省から歓迎の挨拶があり、基調講演ではインドネシア科学院議長Lukman Hakim教授、IOC-WESTPAC事務局長Wenxi Zhu氏、およびAsian COREの沿岸海洋学プロジェクト(COMSEA)コーディネータの西田周平教授(大気海洋研究所)から、アジアおよび世界における環境問題、沿岸海洋学の現状と課題等について講演があった。本セミナーの開催は現地の新聞や主要研究機関の情報サイトにも報道された。研究発表には本事業の協力者以外の若手の院生・研究者(口頭39件、ポスター24件)も参加し、3日間にわたり活発な発表、討議が行われた。発表の質はおおむね高く、タイにおけるサンゴ礁回復に向けての実験的研究、プランクトンのデータベース解析によるアジア・太平洋海域の生物多様性地図の作成、インドネシアのシーラカンス生息場所の海底に多量の廃棄物が集積している現状等、多くの重要かつ興味深い研究成果が発表・討議された。3日目の特別セッションでは、本事業の基となった拠点大学事業(Coastal Marine Science)を受け実施中の各課題相互の連携による「アマモ場生態系の統合的研究」について、2012年6、7月にマレーシアで実施された共同調査の結果が発表され、問題点と今後の展望について建設的な討議が行われた。

開会式(基調講演)

口頭発表

ポスター発表

国際連携

その他