東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

バイオミネラリゼーションと石灰化 -遺伝子から地球環境まで-

更新日:20141113

(2014年12月12-13日 開催)

日    時:平成26年12月12日(金)〜13日(土)
場    所:東京大学大気海洋研究所 講堂
       〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5 TEL 04-7136-6011
コンビーナー:遠藤一佳、東京大学、連絡先TEL 03-5841-4553
大気海洋研対応者:川幡穂高、海洋底科学部門、連絡先 TEL 04-7136-6140
 

プログラム

12月12日(金) 12:55〜18:30
12:55〜13:00 開会挨拶 趣旨説明 遠藤一佳(東大・院理)

13:00〜13:30 林 正裕(海洋生物環境研究所)
「水産有用種への海洋酸性化影響」

13:30〜14:00 デフィン・スティアマルガ(東京大学)
「軟体動物オウムガイの貝殻プロテオーム解析」

14:00〜14:30 豊福 高志(JAMSTEC)
「有孔虫石灰化時のpHを可視化する」

14:30〜15:00 清水克彦(鳥取大学)
「海綿動物のシリカバイオミネラリゼーション」

15:00〜15:30 新家 弘也(筑波大学)
「微細藻類における必須微量元素セレンの利用戦略」

15:30〜15:45 休憩

15:45〜17:00 一般講演(バイオミネラリゼーションワークショップ)

17:00〜18:30 ポスター発表コアタイム(バイオミネラリゼーションワークショップ)

18:30〜20:00 懇親会
 

12月13日(土) 9:30〜16:30
9:30〜10:00 筧 光夫(明海大学)
「生体アパタイト結晶の電顕観察」

10:00〜10:30 井口 亮(沖縄高専)
「サンゴの分布境界と石灰化応答との関連を探る」

10:30〜10:45 休憩

10:45〜12:00 一般講演(バイオミネラリゼーションワークショップ)

12:00〜13:00 昼食休憩

13:00〜14:30 ポスター発表コアタイム(バイオミネラリゼーションワークショップ)

14:30〜15:00 相澤 守(明治大学)
「生体硬組織モデルを指向した異方性制御アパタイト単結晶粒子の合成とその組織工学への応用」

15:00〜15:30 山下仁大(東京医科歯科大学)
「無機エレクトレットによるバイオミネラリゼーションの制御」

15:30〜16:20 特別講演 加藤隆史(東大・院工)
「バイオミネラルに倣いそれを超える融合マテリアルの構築」

16:20〜16:30 閉会挨拶 小暮敏博(東大・院理)

共同利用

研究集会