東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

データ不足下における海洋生態系の統計的評価手法

更新日:20141015

(2014年10月17日 開催)

日    時:平成26年10月17日(金) 10:15~17:00
場    所:東京大学大気海洋研究所 会議室
               〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5 TEL 04-7136-6011
コンビーナー:岡村 寛、中央水産研究所、okamurafra.affrc.go.jp
大気海洋研対応者:平松一彦、資源解析分野、khiramatsuaori.u-tokyo.ac.jp
                                   メールアドレスの「◎」は「@」に変換して下さい。

プログラム

10:15 - 10:35 「海洋生態学と機械学習法の融合によるデータ不足下の生態系評価手法の開発」概要について

10:35 - 11:15 北門利英(東京海洋大学):南極海の鯨類資源を中心とした生態系モデリングの試み

11:15 - 11:55 小森理(統数研):非対称ロジスティックモデルによる世界漁業の評価

11:55 - 13:30 昼食

13:30 - 14:10 市野川桃子(中央水研):世界から見た日本の漁業資源の現況

14:10 - 14:40 池田思朗(統数研):生態系評価に関するスパースモデリングからの一考察

14:40 - 15:20 岡村寛・森光代(中央水研):多重代入法を用いた世界の水産資源の最大持続生産量の推定

15:20 - 15:30 トイレ休憩

15:30 - 16:10 中山新一朗(中央水研):Convergent Cross Mapping による生態系の因果関係推定:太平洋東部と西部の比較

16:10 - 16:50 江口真透(統数研):Generalized MaxEntモデルについて

16:50 - 17:00 講評(平松一彦先生・小池勲先生)

共同利用

研究集会