東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

水圏微生物生態学の国際ワークショップ「メタオミクス時代における微生物海洋学の進展と挑戦」-スクリプス海洋研究所Azam教授による基調講演など

更新日:20120619

(2012年7月6日 開催)

CREST研究課題「超高速遺伝子解析時代の海洋生態系評価手法の創出(代表:木暮一啓)」では国際ワークショップ「メタオミクス時代における微生物海洋学の進展と挑戦」を開催します。本ワークショップでは、海洋生態系におけパラダイム大転換「微生物ループ」の提唱者であるスクリプス海洋研究所Azam教授を迎え、欧州の水圏微生物生態学におけるトップサイエンティストGrossart博士、CRESTプロジェクトの若手研究者らと共に、生命科学の大変革時代における微生物海洋学の方向性について議論します。フロアーからの積極的な参加を歓迎致します。Azam教授の講演は、わかりやすくユーモアに満ちた講演として定評がありますので、ぜひこの機会においで下さい。

ご不明な点がありましたら、木暮CREST事務担当cinque[at]aori.u-tokyo.ac.jpまでお問い合わせください。


印刷用プログラムPDFファイル

※各講演者のリンク先にて要旨がご覧になれます

CREST International Workshop on Aquatic Microbial Ecology
Advances and challenges in microbial oceanography in the “Meta-omics” era

Date:  6th July, 2012

Place:  Room 217

Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo
(5-1-5, Kashiwanoha, Kashiwa, Chiba 277-8564, Japan)

Convener and Chair: Koji Hamasaki, Kazuhiro Kogure

 

13:00-13:10          Opening remarks     Kazuhiro Kogure

Keynote lectures                                                                         

13:10-14:00      Farooq Azam   "Molecular Connectivity": A conceptual framework for microbial structuring and resilience of marine ecosystems

14:00-14:10          Coffee break

14:10-15:00      Hans-Peter Grossart   Life-style dependent differences are crucial for understanding diversity and function of aquatic microorganismsPDFファイル

15:00-15:20          Coffee break

CREST topics presentation                                     

15:20-15:40      Yuya Tada   Nucleoside tracer approach to the aquatic microbiologyPDFファイル

15:40-16:00      Susumu Yoshizawa   Proteorhodopsin-mediated phototrophy in marine Flavobacteria

16:00-16:20      Wataru Iwasaki   How can bioinformatics open up new fields in marine microbiology?

16:20-16:30         Coffee break

16:30-16:50         General discussions                                          

16:50-17:00         Closing remarks                                

   17:30-               Welcome reception

研究集会