東京大学海洋研究所

共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

矢萩拓也助教がDeep-Sea Biology Society - 2018 Ph.D. Thesis Paper Awardを受賞

更新日:20181018

海洋生態系動態部門 底生生物分野の矢萩 拓也 助教が、2018年9月9日~14日に開催された15th Deep-Sea Biology Symposiumにおいて、2018 Ph.D. Thesis Paper Awardを受賞しました。

受賞論文:
Yahagi, T., H. Kayama Watanabe, S. Kojima & Y. Kano (2017) Do larvae from deep-sea hydrothermal vents disperse in surface waters? Ecology, 98, 1524–1534.
https://doi.org/10.1002/ecy.1800
※大気海洋研究所での博士課程在学中に得た研究成果について表彰されたものです。
※共同著者は、同分野の狩野泰則准教授と小島茂明教授、海洋研究開発機構の嘉山(渡部)裕美博士です。

■Deep-Sea Biology Society - Society Awards
https://dsbsoc.org/grants-awards/society-awards/


左から、Society PresidentのDr. Adrian Glover、矢萩助教

受賞

お知らせ