東京大学海洋研究所

共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

松田純佳 特任研究員が日本学術振興会 育志賞を受賞

更新日:20180419

海洋化学部門 生元素動態分野/高解像度環境解析研究センター 環境解析分野の松田 純佳 特任研究員が第8回(平成29年度)日本学術振興会 育志賞を受賞しました。

受賞題目:
日本周辺海域における小型ハクジラ類の食性研究
Diet study about small toothed whales around Japan

■第8回(平成29年度)日本学術振興会 育志賞受賞者一覧
https://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_8_h29.html

高解像度環境解析研究センター 環境解析分野 横山 祐典 教授からのコメント:
大気海洋研究所で炭素14を使った鯨類の研究を開始するにあたり、鯨類研究の情報を得るため、当研究室所属の博士課程の学生の出身研究室でもあった北大水産学部の松石研究室を訪問しました。当時、博士課程1年生であった松田さんと出会い、同位体分析を用いた研究を行いたいという相談を受けたため、大海研の共同利用のスキームを紹介しました。以来3年間、柏地区共同利用および学際連携研究に採択され、ストランディングした鯨類の胃内容物やヒゲなどの試料を生元素分野の質量分析装置や高解像度環境解析センターの加速器質量分析装置を用いて分析され、素晴らしい博士論文を執筆されました。北大でのフィールドワークと大海研実験室での作業の両方を見事にこなし、その研究が評価され今回の受賞に至りました。

2018年3月6日に日本学士院で行われた授賞式にて

左から、横山教授、北海道大学 松石教授(博士課程での指導教官)、松田特任研究員、生元素動態分野 永田教授

受賞

お知らせ