東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

道田豊教授に海洋立国推進功労者表彰

更新日:20150827

7月16日、道田豊教授が「第8回海洋立国推進功労者表彰」(内閣総理大臣賞)を総理官邸大ホールにおいて受賞されました。この賞は海洋に関する幅広い分野における普及啓発、学術・研究、産業振興等において顕著な功績を挙げた個人・団体に贈られるもので、道田先生は海洋分野における日本の国際的地位の向上に貢献されてきた功績により表彰されました。

先生は、2011年には日本人として40 年ぶり2 人目となるユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)の副議長に選出され、津波関係事業等の国際間の調整に尽力されました。さらに2015年にはアジア人として初めてIOCの主要課題の一つである「国際海洋データ・情報交換」(IODE)の共同議長に選出されています。IOCの地域代表としてWESTPAC(IOC西太平洋小委員会)においても26年前の創立期から活躍され、2014年4月にはWESTPACの25周年大会においてOutstanding Scientist 2014を贈られています。また、前述のIODEに長年にわたって深く関わり、国内においても海洋情報の一元化の推進において指導的役割を果たされ、海洋情報の整備に貢献されています。先生にはこれらの分野における数少ない専門家として、ますますのご活躍を心よりお祈りいたします。(柳本 大吾)

 

「第8回海洋立国推進功労者表彰」および受賞理由詳細は、下記ページの「添付資料」項目をご参照ください。

■国土交通省「第8回海洋立国推進功労者表彰(内閣総理大臣賞)について」
http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji01_hh_000326.html

 

総理官邸大ホールでおこなわれた表彰式にて(前列向かって左から2人目)

出版・メディア

お知らせ