東京大学海洋研究所

全国共同利用・共同研究拠点

ナビゲーションを飛ばす

go to english page

facebook_AORI facebook_AORI

  • ホーム
  • 研究所概要
  • 教員&スタッフ
  • 研究活動
  • 共同利用
  • 進学希望の方へ
  • アクセスマップ

所長から

新野宏東京大学大気海洋研究所・所長
新野 宏

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震、津波、原子力発電所の事故による未曾有の被害が生じました。尊い命を失われた数多くの方々に深い哀悼の意を表しますとともに、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

今回の震災は、われわれ人類の地球に関する知識が現在もなお不十分であることを如実に示すとともに、防災科学の観点からも多くの厳しい教訓を残しました。岩手県大槌町にある当所附属国際沿岸海洋研究センターも、壊滅的な被害を受けました。われわれが今まず行うべきは、個人としてまた研究所として被災地の救援や復興の支援に力を尽くすことだと思います。その上で、マグニチュード9.0という巨大地震とそれに伴う地殻変動や誘発地震、津波で破壊された生態系の回復過程、大気や海に放出された放射性物質の拡散とそれに基づく大気・海洋の循環や物質循環過程の解明など、この災害に遭遇したわれわれが後世に残すべき重要な課題に真摯に取り組むことが、われわれ科学者に課せられた責務であると思います。

大気海洋研究所の特徴は、大気と海洋、そしてそこに育まれる生物、これらすべてに関する専門家が揃っていることです。当研究所の使命は地球の誕生から現在に至る海洋・大気・地球生命圏の進化や変動のドラマ、そしてこれらの複雑なメカニズムを解き明かし、地球環境と人類・地球生命圏の未来を考える科学的基盤を得ることですが、今回の震災によって生じた新たな研究課題に対しても、当研究所の特徴を活かした貢献を行うべきと考えています。もちろん、これらの課題への取り組みは所員だけで達成できるものではありません。学術研究船「淡青丸」「白鳳丸」を始めとする様々な施設や数値モデルの共同利用・共同研究を通して、国内外の多くの研究者の皆様と連携しながら、これらの重要な課題の解明と将来を担う人材の育成に取り組んで行きたいと考えています。皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

(2011年5月)